ベイトリール

オシアコンクスト300hgのインプレ!オフショアジギングの定番リール

更新日:

300番サイズのオシアコンクエスト300hg。

 

従来の丸型ジギングベイトリールって、結構持ちづらかったりしたんですけど、オシアコンクエスト300hgはコンパクトなモデルになっています。

 

しっかり握りこめる。

だから力を込めてファイトができる。

だから確実に魚を仕留めることができる。

 

それがオシアコンクエスト300hgかと。

そんなシマノから発売されているオシアコンクエスト300hgのスペックなどを見て感じた印象をまとめてみました。

オシアコンクエスト300hgのスペックは?

オシアコンクエスト300hgのスペックは以下のとおり。

自重・・・345g

ギア比・・・6.2(ハンドル1回転あたりの巻き取り量70㎝)

糸巻き量・・・PE4号170m

オシアコンクエスト300hgはコンパクトボディなので、自重も比較的軽いほうです。

 

そして、PE4号を170m巻くことができるというラインキャパ。

 

ジギングにおいてこれらはかなりのメリットになることは間違いないかと。

レベルワインドが連動

オシアコンクエスト300はレベルワインドが連動する専用仕様になっています。

 

なので、ジグをフォールさせるときに真っすぐにラインを放出することができます。

 

これによって、感度が優れるのでスロー系のジギングにおいてかなりのメリットになることは間違いないかと。

まとめ

シマノのなかで圧倒的にカッコいいオシアコンクエスト300hg。

自分は他のアングラーとは違う。

 

そういったことを意思表示として示したいときはこのモデルが最適かと。

使っているだけでテンションが上がる。

それが、シマノから発売されているオシアコンクエスト300hgです。

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-ベイトリール

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.