ロッド

キャタリナエアポータブルのインプレ!たまに遠征をする人はこのモデル

投稿日:

ダイワから発売されているキャタリナシリーズ。

そのなかでキャタリナエアポータブルは飛行機などを使って遠征をする人に向けて設計されているオフショア用ロッドになっています。

 

普段は近くの海でオフショアフィッシングを楽しんでいるけど、年に数回飛行機を使って遠征をする。

 

そういった人はソルティガエアポータブルシリーズよりも価格を抑えているキャタリナエアポータブルがいいかと。

 

そんなダイワから発売されているキャタリナエアポータブルのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

キャタリナエアポータブルを全機種解説

キャタリナエアポータブルのラインナップは以下のとおりになっています。

 

J63MHS

J59HB

C74MS

C83XHS

 

4機種がラインナップされているということで抑えているところは抑えているといった印象を持ちます。

J63MHS

MHパワーということでキレよくジグをアクションさせることができるモデルになっています。

 

いまいち魚がバイトしてくるタナがわからない。

そういったときに広範囲にジグをガンガンアクションさせて使っていきたいモデルかと。

J59HB

ワンピッチジャークとかスロージャークとか、いろんなパターンのジャークをすることができるモデルになっています。

 

そのため5.9フィートでHパワーというスペックになっているかと思います。

C74MS

7.4フィートでMパワーということで、レングスも絶妙で使用ルアーの範囲も広いのでバーサタイル的な立ち位置にあるロッドかと。

 

遠征の釣りは予期せぬ展開というのはよくあるもの。

だからこそC74MSのようなバーサタイル的な立ち位置にあるロッドは持っておきたいところです。

C83XHS

XHパワーということでかなり重めのルアーまで扱えうことができるモデルになっています。

 

ダイビングペンシルを早巻きで使ってテンポよくガンガン投げ込んでいきたい!

そういった人はC83XHSのようなスペックは持っておきたいところです。

まとめ

遠征でも本格的にオフショアの釣りを楽しむためにソルティガエアポータブルというシリーズもラインナップされています。

ソルティガエアポータブルのインプレ

 

ソルティガエアポータブルはどちらかというと、頻繁に遠征をする人に向いている印象があります。値段も高いしねw

 

一方でキャタリナエアポータブルはソルティガエアポータブルよりも価格が抑えられていてたまに遠征に行く人にとっては、こちらのモデルのほうがいいのではないかと。

 

キャタリナエアポータブルが気になったら一度釣り具屋で触ってみるのもいいかもしれませんね。

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-ロッド
-キャタリナエアポータブル

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.