ロッド

ソルティガエアポータブルのインプレ!ガンガン遠征する人が使いたいオフショア用リール

投稿日:

オフショアの釣りといえば、とにかく、

遠征!

遠征!!

そして、さらなる遠征!!!

 

個人的にはそう思っています。

平日はサラリーマンをしていて、貴重な休みの日にオフショアの釣りを楽しむ。

 

だからこそ移動時間は短くしたいし、時間を大事にしたい。

そういった人に使ってほしいソルティガエアポータブル。

 

時間を最大限に短縮できる飛行機での移動。

そのためのロッドになっているかと。

 

ですが、ソルティガという名前を使っているので性能はしっかりしています。

 

ソルティガエアポータブルのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

ソルティガエアポータブルを全機種解説

ソルティガエアポータブルのラインナップは以下のとおり。

C77MHS

C80MHS

C83XHS

C85XHS

C85XXHS

J58XXHS

J66HS

J66XHS

J66HB

いやーこれだけラインナップされていば、ほとんどのオフショアの釣りはカバーできるのではないでしょうか??

 

C77MHS

7.7フィートでMHパワーで個人的にはバーサタイルに使えるモデルになっているのではないかと思えるモデルです。

 

7.7フィートだったらルアーの操作もある程度楽にできるのもうれしいところかと。

C80HS

マグロをターゲットにガンガン釣りをしたい人に向けて設計されているロッドです。

 

X45を採用しているので魚の急激なパワーに耐える力を兼ね備えているのもうれしいところです。

C83XHS

80g前後のルアーをガンガン投げ込んでいきたいモデルです。

80gって、ロッドのセレクトを間違えると相当体に負担がかかるもんです。

 

だからこそC83XHSのようなモデルを選ぶことは大事になってきます。

本当にオフショアの釣りはタックルをミスると一気に腰をやられるので注意してください。

C85XHS

ソルティガエアポータブルのなかではルアーの使用範囲が広いスペックかと。

 

ダイビングペンシルを使ったり、ポッパーを要所で入れて釣りをする人にはこういったモデルがいいのではないでしょうか??

C85XXHS

100kgオーバーのビックターゲットを狙うならこのモデルかと。

マグロ、ヒラマサ、GT。

 

これらを本気で狙うならそれ相応のロッドが必要になってきます。

とくにGTなんかはほとんどの人が遠征で、こういった飛行機での持ち込みも楽なロッドは重宝しますよね。

J58XXHS

このモデルはどうやら、どれだけデカい魚が掛かってもとれることを前提に作られているみたいです。

 

5.8フィートということでジグをしゃくりやすいし、長時間釣りをするオフショアの釣りにはいいですよね。

J66HS

レギュラーテーバーで扱いやすい印象を持てるJ66HS。

ヒラマサとかカンパチなんかをターゲットに狙うならこのモデルは検討しておきたいところかと。

J66XHS

200g前後の重めのジグをキレよくアクションさせることを前提に作られているロッドです。

 

超肉厚なブランクスで設計されているみたいなので、安心してファイトできるかと。

J66HB

このJ66HBはジグをワンピッチロングジャークで誘うために設計されているモデルです。

 

レギュラーテーパーなのでアングラーにも負担が少ないのもうれしいところ。

まとめ

いやーすごいですダイワ。

ソルティガエアポータブルをなめていましたw

 

ポータブルというから、しょぼいかと思っていましたが、がっちりとしたラインナップで固めているところからダイワの本気を感じました。

 

いろんな魚を釣る人ほど遠征は頻繁にあるもの。

だからこそ、ソルティガエアポータブルのような持ち込みやすいロッドは重宝しますよね。

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-ロッド
-ソルティガエアポータブル

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.