ロッド

ダイワのソルティガBJローレスポンスコンセプトのインプレ!メガトップ採用でがっつり食わすことができるジギングロッド

投稿日:

ダイワからラインナップされているソルティガBJローレスポンスコンセプト。

 

このロッドは低弾性のブランクスを採用しているのが特徴です。

なので、モチッとした粘りがあるからバイトをはじくことが少ないし、メガトップを採用しているので柔軟なやり取りができるモデルになっています。

 

そんなダイワから発売されているソルティガBJローレスポンスコンセプトのスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

ソルティガBJローコンセプトのラインナップ

ダイワのソルティガBJローコンセプトのラインナップは以下のとおりになっています。

 

63HB-S・V

63XHB-S・V

63XHS-S・V

3機種とも6.3フィートというレングスで揃えているあたりがこだわりを非常に感じる部分ではあるかと。

 

このモデルが気に入った人なら3つの機種をすべて揃えてパワーごとに使い分けるのも全然アリですよね。

 

63HBーS・V

ソルティガBJローレスポンスコンセプトのなかでは一番パワーが小さいモデルになっています。

 

120g前後のジグを使用して幅広い魚をターゲットに狙うならこのモデルを使いたいところです。

63XHB-S・V

63HB-S・Vよりワンランク強いパワー持っているモデルになっています。

 

大体150g前後のジグを使用を前提に設計されているので、63HB-S・Vと使い分けて釣りをすればより楽しいジギングゲームを楽しめるかと。

63XHS-S・V

ソルティガBJローレスポンスコンセプトのなかで唯一のスピニングモデルになっています。

 

スピニングモデルだからこそできるジャークがあったりするので、ベイトモデルを持っている人はあえてスピニングタックルを購入してみるのもいいかもしれないですね。

まとめ

ソルティガシリーズのなかで低弾性ブランクスを使用しているソルティガBJローレスポンスコンセプト。

 

メガトップも採用しているし、X45もブランクスに施しています。

 

ソルティガってハイエンドモデルだけど、あらためてしっかりしているモデルだなーといった印象を持ちましたね。

 

粘り強いパワーを体感したい人はソルティガBJローレスポンスコンセプトを使ってみるのもいいかもしれないですね。

 

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-ロッド
-ソルティガBJ

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.