スピニングリール

紅牙EXのインプレ!タイラバ専用のスピニングリール

投稿日:

タイラバゲームといえば紅牙シリーズ。

その紅牙シリーズはロッドからリールまでラインナップされています。

 

今回はスピニングシリーズのなかから紅牙EXを解説。

紅牙EXのスペックを見て管理人が感じた印象をまとめてみました。

紅牙EXのスペック

紅牙EXには2508RPE-Hと2510RPEの機種がラインナップされているのでそれぞれのスペックを解説していきます。

 

2508RPE-Hのスペック

紅牙EX2508RPE-Hのスペックは以下のとおりになっています。

 

自重・・・255

ギヤ比・・・5.6(ハンドル1回転あたりの糸巻き量84㎝)

糸巻き量・・・PE1号140m

ハンドル長さ・・・60ミリ

 

スピニングリールのなかではハイギヤの部類にはいる2508RPE-H。

ハイギヤのいいところは感度がいいところ。

 

タイラバをしていて、いまいち何をしているかわからない人はハイギヤモデルを選ぶのがいいかと。

 

2510RPEのスペック

紅牙EX2510RPEのスペックは以下のとおりになっています。

 

自重・・・250g

ギヤ比・・・4.8(ハンドル1回転あたりの糸巻き量72㎝)

糸巻き量・・・PE1.5号150m

 

いわゆるバーサタイル的な立ち位置の2510RPE。

1.5号150m巻けるということでタイラバに最適なスペックになっていますよね。

 

まあ、タイラバ専用の紅牙EXのなので当然ですがw

紅牙EXに搭載されている技術

紅牙EXに搭載されている技術は以下のとおりになっています。

 

マグシールド

エアローター

ATD

ザイオンローター

スーパーメタルボディー

 

ほかにもいろんな技術が紅牙EXには搭載されています。

タイラバの釣りでキーになってくるアタリをとってからやりとり。

 

それを支えてくるのがドラグシステム。

紅牙EXに搭載されているATDはオートマチックにアングラーを支えてくれるドラグシステム。

 

UTDのほうが好みという人もいますが、個人的にはATDのほうが楽かと。

まとめ

タイラバ専用のスピニングリールである紅牙EX。

紅牙シリーズはベイトリールもラインナップされています。

 

スピニングタックル、ベイトタックル。

この2つを紅牙シリーズで揃えたら、、、あなたきっとタイラバゲームが相当好きということかとw

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-スピニングリール
-ダイワ

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.