ベイトリール

17オシアジガー2000hgのインプレ!圧倒的剛性ジギングリール

更新日:

マグロフィッシングなんかは早い走り、選べないサイズ。

 

こういったときに求められるドラグ性能だったり、マグロなどの強い引きに対応できるリールの耐久性。

 

こういったことをバッチリ対応できるのが17オシアジガー2000hgです。

 

2000番サイズということでかなり糸巻き量もバッチリだし、hgモデルはリールだけで魚を引っ張るトルクがあります。

 

そんな17オシアジガー2000hgのスペックなんかをみて感じた印象をまとめてみました。

17オシアジガー2000hgのスペック

オシアジガー2000hgのスペックは以下のとおり。

ギア比・・・6.2(ハンドル1回転あたりの糸巻き量は117㎝)

自重・・・595g

糸巻き量・・・PE5号220m

まあ、水深100m以上のところなんかを太めのPEラインで釣ったりするのには2000番サイズのオシアジガーが最適な感じですよね。

17オシアジガー2000hgの強み

やっぱりhgモデルであるところでしょうか。

 

hgだからといってトルクがないリールだと結局はリールのトルクだけで魚を寄せることができません。

 

ですが、オシアジガー2000hgはリールの巻きだけで魚とファイトできるので、バラシの減少につながったりして安定したファイトをすることができます。

 

ただのハイギアじゃない。魚を寄せることができるトルクのあるハイギア。

 

それが17オシアジガー2000hgかと。

まとめ

ロッドで魚を寄せるのではなく、リールで魚を寄せる時代になっているのが最近のジギングです。

 

さらに細いラインでやりとりする傾向もあるので、ドラグの性能もかなりいい17オシアジガー2000hgはマグロなんかでビックファイトを楽しみたい人にとっては検討しておきたいベイトリールになっているのではないでしょうか?

 

ほかにもオシアジガーって優れている点があります。1500番サイズの記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください。

オシアジガー1500hgのインプレ

ソルトワールド、ルアーマガジンソルトのバックナンバーを読むならキンドルアンリミテッド

ジギングを上達させたいなら学ぶことが大事。

個人的にはソルトワールド、ルアーマガジンソルトが最適。

それらの雑誌をキンドルアンリミテッドなら初月無料で読み放題です。

普通に雑誌を購入するよりも圧倒的にお得なアマゾンのサービスです。

知っている人はさっそく利用しています。

-ベイトリール
-シマノ

Copyright© ジギングインプレブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.